離煙パイプってどんなもの?

離煙パイプとは、タバコを吸いながらニコチン量を徐々に減らすことによって、ニコチンを必要としない状態にしていくものです。タバコをいきなり止めるのではなく、吸いながら量を減らしていくということになります。禁煙をこれから始めようとする人の中には、1日に吸う本数を減らすという人もいるでしょう。本数を減らす方法は、多くの人が最初に試す方法ではありますが、あまり効果がないようです。

その点、離煙パイプは空気の流入量を調節することにより、ニコチン量をコントロールする仕組みとなっています。無理なく徐々に、体がニコチンを必要としない状態に近づいていくのです。離煙パイプは、実際に吸ってみると普段から吸っているタバコと何ら変わらないという感想を持つ人が多いと言われています。歯にパイプが当たるような感じが少しはあるようですが、その他は味も臭いもいつもと同じだと感じる人がほとんどです。

本数もこれまでと変わらず、このようなことを続けていて実際に禁煙に成功するのか、と不安になる人もいますが、根気よく続けて行くことで最後には驚くべき結果をもたらしてくれたという経験談も多数伝えられています。最後まで続けることが大切ですが、吸っていくうちに少しニコチン量が薄いなと感じるような日は、次のステップへ無理に進まないほうがよいでしょう。もう少し薄くても大丈夫と感じてから、次の段階へと進むことが禁煙成功の秘訣であるとも言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *