タバコを吸いながら禁煙できる離煙パイプ

禁煙をするときは、禁煙グッズを活用することが多くなっていますが、タバコの本数は減らせても完全に絶てないという人は少なくありません。電子タバコなどは、禁煙中の口さみしさやイライラを抑えるのに役立ちますが、タバコとは全く違うフレーバーなので、物足りなさを感じている人も多いのではないでしょうか。さらに、タバコをやめられない原因にはニコチンに依存していることもあげられますが、ニコチンを使わない禁煙グッズでは、ニコチン切れのイライラした気持ちを抑えるのは難しいものがあります。できることなら、タバコを吸いながら禁煙を進めていきたいと考える人も少なくありません。

タバコをやめずに禁煙を成功させるなら、離煙パイプの利用も考えてみましょう。離煙パイプはタバコに取り付けるパイプです。このパイプをつけるとニコチンの摂取を抑えることができます。離煙パイプは31本用意されていて、毎日交換することで、少しずつニコチンをカットする量も減少していきます。

最初は気づかない程度のカット量ですが、31日目にはかなりの量のニコチンをカットできています。いきなり、多くの量をカットすると、物足りなさを感じてしまう可能性もありますが、毎日少しずつカット量が増えていきますので、気づかないうちにニコチンへの依存も減少していくといわれています。無理にタバコをやめなくて良いことも、この商品の特徴です。今までの禁煙グッズでは良い結果が得られなかった人も試してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *