離煙パイプと他の禁煙方法との比較

成功率が高いと言われる離煙パイプを、他の主な禁煙方法と比較していくとその違いがよくわかります。自分の意思だけで行う方法だと、殆どコストがかからず時間や環境を選ぶことなく誰でも気軽に実践できます。ただ、一般的に成功率は低く強い意志がないと中々成功できません。離煙パイプだと普段通り煙草を吸いながら実践可能で、精子的・肉体的にストレスが起きにくく89.3%もの成功率を持ってます。

禁煙用パイプは香料入りのパイプを煙草のかわりに吸い口の寂しさを紛らせるもので、比較的安価で有害な成分は使ってなく妊娠中や病気でも使えますが根本的なニコチン依存の解消が出来ません。離煙パイプは31段階のパイプで少しずつニコチン摂取量を下げていき、着実に依存を解消出来ます。よく見かける電子タバコは煙のかわりに蒸気を吸引する喫煙代替え品で、煙草にそっくりのデザインで先端にLEDを使って煙草の火の雰囲気まで再現している商品もあります。心理的依存解消には効果的ですが、カートリッジにニコチンや有害物質を含むものもあって、2014年の7月には日本は厚生労働省が規制も視野に入れた調査を行うとしてます。

本来は3、000円~10、000円前後で、月額約3、000円~5、000円ほどのランニングコストが必要です。これもパイプならニコチンでの肉体的依存を解消し、たばこ自体を欲しがらないようにして禁煙後のランニングコストも不要です。コストがかかるのは最初だけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *