成功率が高く注目の離煙パイプ

離煙パイプとは、煙草を止めたい人つまり禁煙したい人が使う禁煙ツールの1つです。従来の禁煙方法と大きく異なる点は、煙草をいきなり吸わなくなるのではなく吸いながら少しずつ止めて行くところで、成功事例が目立つツールとして注目を集めています。離煙パイプは31本のパイプで構成されていて、各パイプに施されている細工によって禁煙へ導いて行く仕組みになっています。各パイプには番号ごとに異なる大きさの細かな穴が開けられていて、1番から番号が大きくなるほど穴のサイズも大きくなります。

つまり、吸い口に設けられたこの穴が徐々に大きくなることで、喫煙時に取り込まれるニコチンの量を少しずつカットして行く仕組みです。禁煙を目指す利用者は、1番からはじめて毎日1つずつ番号の大きなパイプに付け替えて喫煙していれば、目安として31日間で禁煙できるというのが離煙パイプによる禁煙方法です。ただし、この31日というのはあくまで目安で、喫煙の量やニコチンの依存度によってはこれより長くかかる場合もあります。ある日からいきなり煙草を禁じるという方法に比べて、少しずつ喫煙しながらニコチン摂取量を減らして行く方式なので無理せず取り組むことが出来、成功率も比較的高いツールとなっています。

ただ、毎日間違えないようにパイプを取り替えなければならなかったり、もともとニコチン含有量の高い煙草は低い銘柄に変更してから取り組むなど本人の自主性にかかっている度合いが高いことに留意する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *