意志が弱くてもこれならできる?離煙パイプで禁煙だ!

禁煙が成功する人というのは、意志が強い人だとも言われています。その理由は、喫煙者は吸う煙草の本数にもよりますが、体内にニコチンが蓄積しています。ですから突然禁煙することは、ニコチン依存との闘いということになります。そのような状況で禁煙を成功させるのですから、その人は意志の強い人と認知されるわけです。

しかし、最近話題になっている離煙パイプを利用すれば、意志が弱いとされる人でも禁煙成功に到達することが可能です。その理由は、離煙パイプはいきなりニコチンをシャットアウトするのではなく、時間を掛けて徐々に摂取量を減らすという方法を用いるからです。具体てきには1番から31番までの番号が書かれてある離煙パイプを、煙草の吸い口に取り付けます。後は自動的にパイプの横穴の大きさがニコチン摂取量を調節してくれるので、喫煙者は普段と変わらず煙草を吸うだけです。

そして、このニコチンを逃がす横穴の大きさが大きくなるにつれて、体内に入るニコチン量が減らされることになるので、最終日には95パーセントものニコチン摂取量を減らすことが実現出来ます。そうなると、本当の禁煙は体内のニコチンが5パーセントほどからのスタートとなるので、100パーセントから始めるよりもずっとゴールのラインに近くなるのは当然のこととなります。スタートの時点でそれだけニコチン依存度が減らされているのですから、離煙パイプで禁煙が成功した人の感想が、思ったよりも楽だったというのも頷けることなのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *