体内に入るタールをチェックできる離煙パイプ

禁煙のポイントは、ニコチン依存の禁断症状への対策に加えて、タバコをやめるための動機づけです。特にニコチン依存は、禁煙を目指している方にとって最大の壁となっています。長く愛煙家生活をされていた方ほど、依存度が高くなっており、いきなり禁煙すると禁断症状のようにイライラやストレスを感じてしまいがちです。さらにタバコの有害性を視覚的に確認できれば、決意を強められます。

この2つを同時に実現する禁煙アイテムが、離煙パイプです。1~3ヶ月の間、タバコを吸いながら禁煙を目指せるという夢のようなグッズとして注目を集めており、成功者も続出しています。そのポイントは、1~31まで番号を振られたパイプにあります。それぞれのパイプは3%ずつニコチンをカットできるサイズの異なる横穴があり、31番パイプでは、なんと93%も削減できます。

つまり離煙パイプは、番号順に1日1パイプずつ取り替えていき、1ヶ月でニコチン依存症を緩和し禁煙しやすい状態に体を整えてくれるアイテムです。離煙パイプは分解して水で洗えるので何度でも使用可能、2~3ヶ月かけてニコチン依存を緩和することもできます。水洗いでは、パイプ内についたタールをこそぎ落とさなければなりません。タールは黒くねっとりとしており、喫煙が視覚的に有害であると教えてくれるので、禁煙への決意をさらに高めてくれることでしょう。

何度も禁煙しようとしたけど失敗した、という方に離煙パイプがおすすめです。タバコフィルターに取り付けるだけでニコチンやタールを含む煙をカット、無理なく自分のペースで禁煙を目指せます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *