血糖値を下げるためには食生活と生活習慣の改善が必要

病院での血液検査、人間ドック、生活習慣病予防検診などで血糖値が高いことを指摘されたことがあるという人は多いのではないでしょうか。血糖値は加齢に伴い上がりやすくなり放置しておくとどんどん数値が上がっていきますので早めの対策が重要になります。原因は生活習慣にあります。肥満、食生活の乱れによる栄養の偏り、運動不足などが大敵となりますので日頃の自分の生活習慣を見直してみるということから始めましょう。

血糖値が上昇していけばしていくほど糖尿病を発症するリスクも上がってしまいますので生活習慣を意識的に改善させましょう。食生活の改善として取り組むべきことは、糖質をたくさん含んでいる甘いものや炭水化物の摂取をなるべく控えるということです。糖質をカットしすぎると低血糖に陥ることもありますので適度に制限するのがおすすめです。食事の際の食べる順番を工夫するだけでも急激な血糖値の上昇を防ぐことが可能です。

果物や野菜や大豆製品などの食物繊維を豊富に含む食べ物を最初に食べておくと、その後に食べる炭水化物に含まれる糖質の吸収を緩やかにさせることができます。生活習慣の改善として取り組むべきことは、運動の習慣をつけるということです。とくにおすすめなのが食後の運動です。血糖値は食後30分で上昇のピークを迎えます。

このタイミングを狙って運動をすることで効果的に効率的に下げることができます。食生活や生活縦貫の改善で糖尿病のリスクファクターを取り除いていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *