血糖値を下げるために~水素水が有効です

血糖値とは血中の糖分濃度ですが、これは通常、膵臓から分泌されるインスリンと言うホルモンによって調節されています。ですから膵臓に疾患を抱えたり、暴食などが続くことでインスリンの分泌量が減少したり、作用が低くなったりすると血糖値が高い状態が続いてしまいます。血糖値が高い状態は糖尿病の発症にもつながりかねません。そのためまずは膵臓に負担をかけないこと、そのために暴食、過食を防ぐことが重要です。

ただし膵臓に対する負担は、自分がどれだけ気を付けていても避けることが難しいと言う側面もあります。たとえば人間の体内では、ストレスを感じたり紫外線を浴びることで活性酸素と呼ばれる物質が発生します。この活性酸素は人間の免疫力を助けると言う機能を持っている一方、量が増え過ぎると細胞を傷つけ、あらゆる疾患や機能不全、老化現象を引き起こす厄介な存在です。そしてこれは膵臓に関しても言えることで、インスリンを分泌しているβ細胞が活性酸素によってダメージを受けると、当然、インスリンの分泌量やその作用の低下につながってしまいます。

ですから活性酸素のダメージから膵臓を守ることは、血糖値を下げるためにはとても有効なことです。そこで効果が期待できるとされているのが水素水です。水素水に含まれている水素には、活性酸素と結合して、それを体外へと排出する作用があると言われています。ですから水素水を飲むようにすれば、活性酸素の膵臓に対するダメージを回避でき、血糖値を下げることにも有効だと言うわけです。

勿論、これだけで下がると言うわけではなく、食事内容を含んだ生活習慣全般の見直しが必要なのは言うまでもないことですが、下げるためにできることは取り入れたいと言う人は、ぜひ、水素水を利用するようにすると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *