代用品を活用して血糖値を下げる

血糖値を下げるには、主食を少なめにするのが効果的です。しかし、主食好きの人にはこの方法は理屈では理解できても、続けにくいというデメリットがあります。もしそうであれば、かさましや同じような食感を味わえる食材を見つけてみると良いです。例えば、ご飯のかさましにおからや豆腐を入れてみると、糖質の量を抑えながら主食を食べた気分になれます。

パンが食べたい場合には、油揚げで代用すると良いです。油揚げの上にピザの具材やチーズなどをのせて焼けば、ピザトーストやチーズトーストとして食べることができます。麺類は、糸こんにゃくで代用できます。クリームソースなどは小麦粉を使っているのでNGですが、たらこパスタ、カルボナーラ、などであればセーフです。

ミートソースも、トマトのホール缶などを使って手作りすれば、それほど糖質の量を多くせずに済みます。麺類はほかにも、もやしを代用しても良いです。もやしは安く手に入るので、血糖値を下げるための食事作りでは大活躍してくれます。こういった代用品が嫌な場合には、血糖値を上げにくいふすまパンなどを使ってみると良いでしょう。

甘いものを食べたい時には、寒天と人工甘味料を使うと、しっかりと甘さを感じながらも血糖値を下げることができます。主食類をうまく代用できる方法を身につけておけば、レパートリーが少なくなりがちな糖質制限中の食事も乗り越えやすくなります。糖尿病の人用のケーキなどもあるので、それらも活用してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *