フィリピン留学で英語能力向上

英語留学でコストが安い地域というとフィリピン留学があります。

日本人にとって、フィリピンというと、あまり英語というイメージがないように思われますが、公用語の一つとして英語が使われています。また、フィリピンの生活において、教育、出版物、メディアなど身近なところで英語が使われているため、実践的な英語であるといえます。日本人にとってネイティブの発音を聞き取るには経験を積まなければいけません。

英会話と発音の両方を身につけることは重要なことですが、あまり英語が得意でない人にとっては英会話と発音を同時に身につけるのはとても大変なことです。フィリピンではネイティブの発音というよりは、日本の学校で学んだ英語の発音の方に近いので、聞き取りやすいところがあります。聞きとりやすいということは英会話に慣れるにはとても良いことです。

もし、ネイティブに近い発音で英語を身につけたいと思うのなら、フィリピン留学で英会話に十分、慣れた後、アメリカやイギリスなどの英語を母国語とする国に留学すれば、英会話を身に着けている分、発音に注意して聞くことができるので、上達しやすいといえます。

フィリピン留学では授業を受けるだけでなく、テレビや映画を観たり、新聞や雑誌を読んだり、ショッピングするにも英語が使えます。すなわち、授業の限られた時間だけでなく、一日中、英語を話す機会があるので、努力次第ではフィリピン留学で英会話の能力を十分上げることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *