留学先での教育効果について

留学先ではたくさんの外国語に触れられます。

日本で学習している場合の何倍もの情報が入ってくる考えて間違いありません。外国語を聞いたり話したりする機会も増えますから、語学力が伸びる可能性が高いのです。しかし、外国語の初心者にはあまりおすすめしません。留学先では生の外国語を聞くことになりますが、教材の外国語よりもはるかにスピードが早く、語彙や用法が難しく、聞き取りにくい音をしていることも多いからです。

教材の外国語が聞き取れないような初心者が聞くと、何も分からないままに時が流れてしまう可能性も高いのです。留学はある程度、外国語ができるようになってから行った方が効果が上がるのです。海外に行けば、上達するだろうと考えて、準備せずに行くと、無駄に時だけが過ぎていくことにもなりかねないので注意が必要です。留学が高い学習効果を生む、もう1つの理由は、切羽詰った状況に置かれることで、断固たる覚悟を持って懸命に学習するようになることが挙げられます。

また、留学を決めることで断固たる覚悟を持って、外国語を勉強するようになるのもメリットです。つまり、断固たる覚悟を持って学習することが重要なのであり、海外に行くことは決意に必要なだけで、上達には必ずしも必要のないものです。日本に居ても、覚悟を持ってやれば上達するのです。逆に、海外に居ても、日本語で生活できてしまったりすると覚悟ができず、上達しないこともあるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *