留学生を受け入れる教育者は海外の言葉を習得している

言語圏が全く異なる海外から訪れる留学生を教育するときには、コミュニケーションが取りやすい環境を作り出すことに重点を置きます。

ジェスチャーや筆談などといった方法はありますが、原則として口述で双方の考えを述べ合えることが望ましいです。話すことによって、表情から相手の言わんとする内容を把握しやすいからです。とすると、教育者と留学生のどちらかが相手の言語を習得する必要があります。結論から言えば、教育者が努力しなければなりません。留学生は海外で新たな知識を習得することで手一杯なので、新たに言語を学ぶ余裕はないと考えられます。

もしも現地の公用語を学ばせようとすれば、本来の目的が中途半端な結果に終わってしまいかねません。教育者としての技量を発揮できなくなるので、事実が海を越えて広まる可能性が高いです。新規の留学生を募集しても成果が芳しくない前例があるので、定員割れすることは想像に難くありません。教育者も留学生と同じように忙しいですが、あえて海外の言語を学ぶと成長する機会を得られます。

学習中には生徒に馴染みのある文化に触れることになるので、大切にしている概念や行動の特徴がわかります。その結果、講義中に提供する話題の選択で迷いが生じません。何を言えば喜んでもらえるかについて、言語の学習を通じて理解できているからです。会話内容の質が良くなれば、生徒が心を開いてくれる確率が上昇して学習効率は高くなります。
アメリカ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *