人気の資格取得を目的とした留学とは

留学は、以前は語学留学が主流であり、高校生や大学生が英語の勉強に行くために留学をすることが多い傾向にありました。

しかし、最近では語学留学だけでなく、資格取得を目的とした社会人の留学が増えています。海外で取得できる資格は様々なものがありますが、特にビジネス系、医療系、フード系の資格取得を目的としたものが人気です。

ビジネス系としては、サラリーマンとして何年か働いた人がスキルアップとして取得しに行くことが多く、帰国後会社内での評価が上がるだけでなく、自分で独立する人も多くいます。

医療系では、医師だけでなく日本で看護師や理学療法士・作業療法士などのコメディカルと呼ばれる医療職の人達が最新の医療技術を学びながら、外国での医療資格を取得しに行っています。

日本より海外の方が研究が進んでいたり設備も最先端なものがある場合も多く、また文献も多く執筆されているので医療職の人が海外で勉強したいと考える人は多いのです。

フード系では、特に女性が海外で料理やお菓子作りを勉強しに行くことが増えています。お菓子や洋食の調理を本場で習いながら勉強したり、海外の専門学校へ行く人もいます。

帰国後は、大手のレストランやホテルで働く人もいますが、ほとんどが自分でお店を開いたり調理師学校などの先生になっています。

その他、海外へ行く理由としては、ファッション系や通訳の資格を取得する目的の人がいます。行く国によっても学べる事が違う為、自分が何を勉強したいかが分かれば沢山ある国の中からどこに行けばいいかが明確になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *