留学に必要な資格について

海外の大学に留学する場合に必要なのは、まずは高校卒業の資格です。

留学先が大学ではなくて、日本で言う専門学校のようなところや職業訓練などを目的とした学校である場合には、必ずしも必要ありませんが、大学に限定するのであれば、必ず高卒資格は必要です。

通常の高校に通って卒業した、ということでもOKですし、高卒程度認定試験合格、いわゆる高認資格でも同様に扱われます。

日本の学校ではうまくいかずに、海外の学校でやり直したい、などというケースも少なくありませんから、留学を目標として高認試験合格を目指して頑張る方も多いようです。

それからもうひとつ求められるのが、検定試験の点数です。試験は合否ではなくスコアで出るのが一般的で、学校によっては入学条件として一定レベルに達していることが求められます。

試験は複数ありますが、英語圏を例に挙げてみると、アメリカやカナダなどに留学する際には、TOEFLが使われることが多くあります。また、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどでは、IELTSがよく使われています。

さらに、ヨーロッパであれば、ケンブリッジ検定というものがあります。日本でなじみの深い、英検やTOEICという資格は、海外ではほとんど通用せず、つまり留学に直接的に関係するものではない、というのは少し意外かもしれません。

どこに行きたいのか、何をしたいのかによって、事前に勉強する内容も大きく変わってくるということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *