アメリカ留学と住居について

アメリカの大学などの教育機関に留学をする場合、当然ですが、現地において滞在できる住居を確保しておかなければなりません。

この場合の住居にもさまざまな種類がありますが、もしも大学などが学生寮をもっていれば、入学を出願するときの書類のなかにも、学生寮の申し込みに関するものが含まれているはずですので、そのなかで手続きをするのが一般的です。またアメリカの大学の場合はわが国とは違って、留学生に対するサポートもかなり充実しているところがあります。たとえば大学内にはハウジングオフィスといって、留学生または外国人研究者に快適な住居を提供するための特別なセクションがあります。

これは学生寮や宿舎などとは別に、民間のアパートなどの施設への入居相談もできるようなところと考えても差し支えありません。ほかにインターナショナルオフィスといって、留学生などの外国人に対する全般的なサポートをしているセクションもありますので、こちらを通じて相談をするのも適当です。アメリカで留学生が入居できる居住施設としては、学生寮やアパートのほかにも、現地の人の家庭へのホームステイ、学生同士でのルームシェアなどといった形態も考えられます。

こうしたタイプの場合は人づてに情報を得ることのほかに、大学の掲示板などに情報が掲出されていることもあります。いずれにしても家賃などの予算の面や、生活のしやすさ、語学の上達などの学習面などを総合的に検討した上で、もっともふさわしいところを選択すべきです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です