フィリピンのセブ島留学は費用が安い

留学と聞いてどういったイメージを持つでしょうか。

羨ましい気持ちや英語を真剣に学ぼうという姿勢等様々あるでしょうが、お金をかけて勉強するといった費用が掛かるイメージもあります。英語留学と言えば本場のイギリスやアメリカが多かったのですが、近年ではフィリピンのセブ島が注目されています。セブ島が注目されているのは、近くて安い費用で留学できるからです。フィリピンの物価は日本の半分かそれ以下です。イギリスやアメリカは日本と同じか高い位なので、比較すると大分費用を削減できます。

行く交通費も近いので安くなりますし、物価が日本の半分なので授業料も安いです。留学でもマンツーマンの授業を受けれますが費用が掛かります。その為回数を減らす方も多いですが、セブ島ではイギリスやアメリカよりも多くマンツーマンの授業を依頼する事ができます。フィリピンでは日本円で月に10万円あれば生活できます。留学費用は初期費用で25万円から30万円程であり、以降は10万円あれば生活できるので日数を延ばす事も可能と言えます。

この様にフィリピンのセブ島は英語を学びたい方にとってありがたい条件である国です。また条件が良い事はもう一つあり、フィリピンの公用語はタガログ語と英語の2つです。タガログ語は日本人でいう日本語なので、同じ様に英語を使いこなせる様にフィリピン人は勉強してきました。だから英語を話せない方や苦手な方の気持ちを理解してくれています。親身に教えてくれる国と言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です